3.すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

3.すべての人に健康と福祉を

老舗銭湯が地域交流の場に

あるきっかけで行くことになった銭湯。 通えば通うほど、はまります。 みなさんも一度行ってみたらいかがでしょうか。 ぜひ本レポートをご覧ください。 ▼ダウンロードはこちら 1.地域交流の希薄化が進む 厚生労働省は「令和5年版 厚生労働白書」に...
3.すべての人に健康と福祉を

寝ることで業績アップに貢献へ

人間が生きていく上で必要不可欠な睡眠に着目しました。 寝ることで自分の健康増進を図りながら社会に貢献できたら、こんなに素晴らしいことは無いと思います。 嫌なことは寝て忘れて、社会貢献していきましょう。 ▼ダウンロードはこちら 1.日本人の睡...
3.すべての人に健康と福祉を

アスベストによるリスクを軽減するために

筆者は、お得意先様120名ほどに対してアスベスト講習会を開催しています。2023年10月1日の法改正に伴い必要とされる内容です。 このように建築業界に携わっていることから興味を持ち、アスベストに関することをレポートにしました。 ぜひご覧くだ...
6.安全な水とトイレを世界中に

ベトナムの水は安全?

2023年、ベトナムは遂に人口1億人を突破しました。 急速な経済発展と共に、通信やインフラ、高層ビル、地下鉄など日々進化しています。一方で、アップグレードが追いついていないシステムがあります。それが水道設備です。 本レポートでは、成長してい...
3.すべての人に健康と福祉を

免疫力を向上する職場づくり

音楽が大好きな筆者。 休日は趣味の電子オルガンを弾いたり様々な曲を聴いたりして過ごしています。 感染症拡大下、ライブにいけない外出制限は、 多趣味な私にとってかなりストレスとなりました。また、物流への影響や感染防止のための就業環境の変化で業...
3.すべての人に健康と福祉を

子どもたちに健康な未来を。

みなさま、こんにちは。 私がこの題材でレポートを作成しようと思った理由は、子どもの存在です。我が子にはいつまでも健康で元気に長生きしてほしいと願っています。 また、筆者自身の料理経験が長く、これを生かして題材に繋げられたらと思いました。 ど...
3.すべての人に健康と福祉を

道具がない子供たちにスポーツの機会を

筆者の人生の生き甲斐でもあるサッカー。 貧困国では、サッカーボールを買うお金がないために靴下を丸めて作ったサッカーボールを使っていることが多々あります。そうした地域では、きちんとした道具・環境・教育に恵まれず、才能があってもそれを引き出した...
15.陸の豊かさも守ろう

『もったいない』を減らす食品ロス削減レシピ

ご存知でしょうか。我が国の食品ロス量は、2020年に年間522万トンでした。 「食品ロス」とは、食べられるのに捨てられている食品のことです。世界的な飢えや栄養不良についてはご存知の方が多いかと思いますが、実は日本でも子どもの貧困は7人に1人...
8.働きがいも経済成長も

多様性が尊重される時代に合わせたオフィス制服とは

みなさんは現代の若者の心理傾向をご存知でしょうか?「最近の若者は」や「今時の若い者は」などと言われることがありますが、日本ではゆとり教育などを経て、多様な価値観を受け入れてきた背景があります。 筆者も、社内で求められる多様性に応えるため、従...
6.安全な水とトイレを世界中に

災害時のトイレ環境をバイオの力で快適に

災害時、トイレの衛生対策は飲食料や衣料の確保に並ぶ重要な要素です。加えて、空腹はある程度我慢できても、排泄には我慢の限度があります。 ここでは、バイオの働きで排泄物を分解する仮設トイレを調査しました。健康や衛生の維持、避難所の安定した運営に...
PAGE TOP