7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネ ルギーへのアクセスを確保する

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

次世代へ向けたエネルギー開発

再生可能エネルギーと災害対策。 海に囲まれている島国である日本は、常に波を受けています。地震による津波などの災害リスクに備えながら、昼夜問わず発電する持続可能な装置があればと思い調べました。それは、世界で問題視される地球...
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

省エネ商材でCO2削減を実感

無限ではない、エネルギー。 特に依然として化石燃料に依存している途上国では、停電が発生するほどエネルギー不足は深刻化しています。日本にいると、どこか縁遠い出来事と感じてしまうのではないでしょうか。 一方で省エネルギ...
3.すべての人に健康と福祉を

自転車活用で健康とCO2削減

通勤もプライベートも自転車に乗る日々を過ごす筆者。気持ちの良い風に触れながら、新しい景色、新しい友人に出会います。 自転車で走ることは、運動不足の解消としてはもちろん、自動車の移動に比べてCO2削減にも繋がることで注目が...
13.気候変動に具体的な対策を

企業の車両EV化に向けて

コロナ禍で密を避ける移動手段のニーズが高まり、自動車の利用頻度が1割増加したと言われています。 当たり前に移動手段として自動車が選択肢に上がる中で、CO2排出を減らすべく本レポートを作成しました。 EV化に向けた課...
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

ゴルフカートの環境配慮と地域貢献

二年ほど前からゴルフに夢中になっている私は、ラウンドにこそ醍醐味があると勇んでコースを回ります。 今回の題材は、ゴルフ場内の移動に欠かせない“カート”です。 手入れが行き届いていたり乗り心地が良かったりすると、気分...
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

カーボンニュートラル実現に向けた今後の動き

昨今、カーボンニュートラルへの取り組みが加速しています。 欧州ではエネルギー危機に直面し、脱原発を巡る分断が浮き彫りになっています。電力不足の構造的な要因は、発電にあたり特に温室効果ガスの排出量が多い石炭の利用を急速に締...
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

太陽光発電とその後の廃棄物

小川電機では、4つの営業所に太陽光発電システムを設置しています。発電事業者として、その発電量を毎月チェックしているのですが、天候への一喜一憂はあれども、機器性能の劣化はまだ大きく感じません。 そのよう中、とある新聞記事で...
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

IT基盤のデータセンターをよりサステナブルに

かつては “企業のサーバを預かるところ”だったデータセンター。現在ではAWSやAzureといったクラウドが当たり前になり、その上に各種サービスが一般向けに実装されるようになっています。 私自身、社内の基幹システム入れ替え...
PAGE TOP