環境

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

次世代へ向けたエネルギー開発

再生可能エネルギーと災害対策。 海に囲まれている島国である日本は、常に波を受けています。地震による津波などの災害リスクに備えながら、昼夜問わず発電する持続可能な装置があればと思い調べました。それは、世界で問題視される地球...
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

省エネ商材でCO2削減を実感

無限ではない、エネルギー。 特に依然として化石燃料に依存している途上国では、停電が発生するほどエネルギー不足は深刻化しています。日本にいると、どこか縁遠い出来事と感じてしまうのではないでしょうか。 一方で省エネルギ...
3.すべての人に健康と福祉を

自転車活用で健康とCO2削減

通勤もプライベートも自転車に乗る日々を過ごす筆者。気持ちの良い風に触れながら、新しい景色、新しい友人に出会います。 自転車で走ることは、運動不足の解消としてはもちろん、自動車の移動に比べてCO2削減にも繋がることで注目が...
11.住み続けられるまちづくりを

廃棄物の有害物質から我々の生活を守る

複数の工事現場へ足を運ぶ日々の中で、コンテナが目に留まりました。中には大量のゴミが捨ててあり、まだ使えそうな資材もたくさんあります。 全ての現場からほんの一部ずつでも集めて再利用できれば、ゴミが減り、環境も良くなり、資源...
9.産業と技術革新の基盤をつくろう

増え続ける紙おむつに終止符を打てるか

2021年12月、我が家に待望の初孫が生まれました。 幸せな日々の中で、ちいさく積もる違和感がありました。それは大量のおむつをそのまま捨てることです。 排出者の手間だけでなく、焼却による環境負荷もあり、おむつの使い...
6.安全な水とトイレを世界中に

未来に水を繋ぐシャワーヘッド

取り換えることで節水効果を得ることができるシャワーヘッド。 メーカーによって節水のしくみは異なりますが、従来と同じ水圧のシャワーをより少ない水量で出すことができます。そのため、必然的に水道料金も抑えられます。 最近...
14.海の豊かさを守ろう

水産資源を持続させるには

「乱獲による漁獲量の減少」 その報道を目にした私は、漁業のあり方に大きな危機感を覚えました。 もとより海釣りが好きで、波止場や磯場へ出かける機会が多い中、魚の存在は身近であり、常に興味の対象でした。近い将来に、また...
15.陸の豊かさも守ろう

自然豊かなキャンプ場で生ごみの資源循環

テントを張り、ダッチオーブンで調理して飯盒でご飯を炊く―自然豊かな場所で野外生活を楽しむキャンプ。 家族と過ごすキャンプが大好きで毎年よく行っていましたが、最近は子供達も付いてこなくなり友人とコテージにはまっています。 ...
13.気候変動に具体的な対策を

企業の車両EV化に向けて

コロナ禍で密を避ける移動手段のニーズが高まり、自動車の利用頻度が1割増加したと言われています。 当たり前に移動手段として自動車が選択肢に上がる中で、CO2排出を減らすべく本レポートを作成しました。 EV化に向けた課...
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

ゴルフカートの環境配慮と地域貢献

二年ほど前からゴルフに夢中になっている私は、ラウンドにこそ醍醐味があると勇んでコースを回ります。 今回の題材は、ゴルフ場内の移動に欠かせない“カート”です。 手入れが行き届いていたり乗り心地が良かったりすると、気分...
PAGE TOP